原因に応じた使い分け

女性

「お手軽さ」が魅力

小顔になる方法にはいくつか種類があります。これは人によって小顔になれない原因がそれぞれ違うためです。今回はそのそれぞれの原因とそれに対しての施術方法をいくつかご紹介しましょう。よくある原因の一つに「脂肪」があります。この場合の施術は「脂肪吸引」もしくは「脂肪溶解注射」などがあります。注射を使っての施術だとピンポイントでの除去が可能となるのでおすすめです。さらに筋肉が原因の場合があります。この場合も注射を使っての施術が一般的とされています。使われる薬剤は「ボトックス」や「ボツリヌストキシン」と呼ばれるものです。これらは筋肉の働きを緩める作用を持っており、筋肉の硬直が原因となっている場合に効果を発揮するとされています。ただし、これらはやがて人体に吸収されてしまいます。そのため一度きりの注射では効果は一定期間しか持続しません。複数回の注射が必要になることもこの施術の特徴と言えるでしょう。他には「骨格」が原因の場合もあります。この場合は骨格を削りとるための外科手術が採用されます。この骨格に関しては、よく筋肉の張りと併せて原因となっていることが多くあります。この場合はまず注射での施術の後に、様子を見ながら外科手術という運びになるのが一般的です。他にも「皮膚のたるみ」などで顔の見栄えが悪くなっていることもあります。顔が大きく見えてしまう原因には、このように人それぞれ異なっていることがほとんどです。小顔になる方法を考えるためにはまず自分の顔をよく理解する事が欠かせないのです。小顔矯正には「お手軽」という性質があります。そしてこの「お手軽」こそが小顔矯正の人気の理由と言っても良いでしょう。多くの人が「美容整形」と聞くとどうしても大掛かりなものをイメージしてしまうかもしれません。たしかに施術に何日も要するものも存在します。ところが美容整形のすべてがそういうわけではありません。「小顔矯正」はその良い例です。小顔になる方法にはいくつかあります。顔が大きく見えてしまう原因によってそれらは使い分けられます。当然、それぞれに独特のメリットが存在するわけですが共通した特徴が一つだけあります。それは「簡単」ということです。小顔矯正の手術には「注射」を多用します。例えば原因が「筋肉の強張り」や「脂肪」の場合です。そうなれば施術にかかる時間は基本的にたった一日です。複数回の注射が必要な場合もありますが、施術自体の時間はそんなものなのです。加えてこれらの施術方法がおすすめできる理由にはもう一つ「アフターケアがお手軽」ということです。切開するというやり方を除けば、他の美容整形手術に比べてずっと簡単に済ませることができます。こうしたメリットは、これから初めて美容整形を受けてみようという方には特に魅力的に見えることでしょう。そもそも小顔になる方法には、クリニックで受ける施術以外にもたくさんあります。最近では自宅で誰にでも簡単に出来る専用グッズやマッサージなども広く存在しています。こうした身近な広がりこそが小顔矯正の人気の理由なのかもしれません。自分に合ったやり方を探してみましょう。

顔に触れる女性

小顔にする手術の特徴

美容対策で行われる小顔になる方法は複数の種類がありますが、治療方法の違いを知っておくと良い方法を選べます。施術を受けると患部が腫れるなどの問題が起こりますけど、十分に注意して手術を行うので大きな問題にはなりません。

カウンセリング

整形手術の注意点

美容外科で受けられる小顔になる方法は複数の方法があるので、特徴を調べてから施術を受けなければいけません。クリニックで手術をした後は傷口が残る場合があるため、施術を受けた後のケアも十分に行う必要があります。

医者

原因の数だけ方法がある

悩みの数だけ、小顔になる方法は分かれます。まずは悩みの原因を特定してからアプローチの仕方を提案し、選択肢の中から患者自身が施術方法を選びます。施術を開始する前にできるだけ質問をし、疑問点を解消するようにしましょう。